のりしろ(ベロ)を外に出すのはなぜですか?

「のりしろ(ベロ)を外に出すのはなぜですか?」
“ 本物そっくり!? ペーパークラフトの世界 ”展をご覧いただいた方からの質問です。

・出来上がったパーツ同士を貼り合わせる際、向きや位置決めをするのにベロを使った方が視覚的にわかりやすくて作りやすいからですよー。
というのが、取材や質問を受けたりしたときにお答えする公式声明。
確かにカタチ以外のおもてに出てくる要素はなるべく隠したほうが良いのかもしれません。そのほうが見栄えもいいですし。ですが僕は、第一にこれ(ペーパークラフト)は「工作」が主目的であってフィギュアではないのだー。と考えているので、ベロを外に出して見せてしまうのです。「くもんのかみこうさく」シリーズでペーパークラフト制作を覚えたからというのも大きいし、心象風景に「工作=ベロ(雑誌の付録:着せ替え工作のベロ)」というのが染み付いているから、ってのもあるかなぁ。
「らしく」見えることを追求しつつも、「紙」「こうさく」であることを主張したい。僕の場合それが「ベロ」なんでしょうね。面倒くさい性格してるなー。

関連記事

  1. 今時仕様のホームページに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

PAGE TOP