新・道具のはなし(1)〜はさみ〜

僕がペーパークラフトを作る時、実際に使っている道具・使ってみたい道具・使ってみた道具の感想についてご紹介する「道具のはなし」は旧ブログでもやっていた題材なのですが、ブログも新しくなったので改訂版として再出発します。まずは基本中の基本「はさみ」から。

僕のペーパークラフト制作において、切る作業はほぼこのはさみを使って行われています。
使い始めたのはかれこれ23年ほど前、アルバイトで初めてペーパークラフト制作に携わった時からになります。当時職場の先輩が皆これを使われていたこともあってか、バイトの僕にも1本譲り受けたのでした。
はさみとしてはちょっと大柄で、まるで裁ち鋏のような飾りっ気のない見た目。最近の文具ばさみはオシャレなカタチ・色のものも多いので、それらと比べると無骨感ありありです。ところがどっこいこれが意外と手にしっくりと馴染むので、紙であれば厚いモノでも薄いモノでも、ざっくり大きく切り分けるのも細かい切り抜き作業も、オールマイティーに使いこなせます。(大人の手の大きさであれば大丈夫。中高生以上だったら使えるかな?)2メートル以上になるアミメキリンの厚い紙も、指先に乗るくらいのあまがえるの紙工作もこのはさみ1本で切り抜いて作っているのです。裏を返せば、これが無いと仕事にならないってことになりますね。
特筆すべきはその切れ味で、刃先までしっっっかりと切れるのがいいところ。タックをよせるのりしろなどの切り込みを入れる時、切れないはさみだと切り込みを入れた先端が“くにゃっ”っと曲がってしまうのですが、それがなくスパッスパッと切れてくれます。手に入れてからしばらくは、切ることだけでも楽しくなってしまうほどでした。(個体差もあると思うので、切れ味の保障をするものではありません、あしからず。)
文房具としては高価な商品ですが、値段以上の満足感はあるかなーと思います。(僕が買い増した時・20年前には¥2800くらいでした。)なにせ20年以上使っているのですから。

ボクの個人的な好みとしては、中央で留めてあるネジをマイナスドライバーでちょっとゆるめて使うのが心地よいです。(このあたりは好みなので、締めすぎたり緩めすぎたりしないよう十分注意してくださいね。)

などと書いてはみたものの、各自手に馴染む使いやすいはさみを使うのが一番。正直なところ僕以外に、このはさみを使っていて激推ししている人(作家さん)など見たことないしね。

今このはさみを扱っているところはほとんど無いようです。21cmのタイプの扱いは割とあるようなのですが…。残念だなぁ。

関連記事

  1. 道具のはなし(2)〜接着剤〜

  2. 道具のはなし(3)〜鉄筆〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP