道具のはなし(4)〜ピンセット 〜

紙工作をするときに使って便利な道具のひとつに「ピンセット」があります。これは、細い筒をくるりと丸める作業に使ったり、指が入らない部分を押さえたり、チョイチョイチョイと形を整えたり、何かと重宝するのです。
僕がいつも使っているのは、BONNYという画材メーカーが以前扱っていた「つる首タイプ」のピンセット です。飾り気のないデザインですが手にも馴染んでつる首の曲がり具合も噛み合わせの精度も良い感じ。実はこのつる首の曲がり具合にもいろいろあって、つくりが自分の感覚に合わないと作業していて違和感を感じてしまうのですよ。割と丈夫で、雑に扱っても曲がったり壊れたりしにくいところもズボラな僕にはありがたいですね。165mm。
先端が細く尖っているので、思わぬ怪我などしないよう取り扱いには気をつけましょう。

BONNY つる首タイプピンセット

僕が使っているものは廃番商品だったので、いくら良さを説明されたって実感を伴いませんよね。それなので、現在市場に流通しているピンセットのなかからお勧めできるもの・使いやすそうなものをいくつか取り寄せてレポートしてみました。

*

ざっと探してみた中でつくりが似ているのはToo:旧いづみやのToo ニューツイザーかな。姉妹商品にToo ニューツイザースペシャルってのもあります。

Too ニューツイザー

デザインも包装も僕が使ってるのとよーく似てますよこれ。むしろつる首の角度や長さもこっちの方が僕好きだなぁ。165mm。これからはこの商品をごとうけい推奨商品としたいと思います(笑)!

Too ニューツイザースペシャル

外身はしっとりと落ち着いた光沢のあるステンレス製。キッチリと挟む精度と、手に馴染むよう処理された端面の仕上げはさすがスペシャル。もともと医療用に開発されたという前口上もあり、それだけでも信頼感アップしますね〜。
ただ、しっかりとしたつくりの分ちょおっと重量があるので、長い時間作業する場合には気になる人もいるかもしれません。でもってつる首の角度が僕にはちょっとキツめ。それと、先端部分がより細く作られているので小さい子に持たせるのはちょっと薦めにくいかなぁ。重量があって先端がより繊細ということから、落として先端を曲げてしまわないよう注意が必要です。僕はやっちまいましたけどね(泣)。160mm。
紙をはさむ面も小さく繊細な作業が可能なので、精密クラフト向きですな。ちびかえる作るのには重宝するね、きっと。

Tooのツイーザースペシャルはもともと医療用に開発されたもの、というはなしから。
初めて上野動物園で展示・工作教室を開催したとき(1997年だったかな?)に道具の説明をしていたら、獣医師の免許を持つ担当Hさんから「それ曲がり鑷子(セッシ)でしょ、持ってる持ってるー!」との反応、しかもHさん工作もとっても上手。その、医療業界用語「曲がり鑷子」という言葉が印象的でした。
そっかー、切ったり貼ったり縫ったりの外科手術をされるようなお医者さんはさすが手先の器用な方が多いんだなあ。と感心したのを思い出しましたよ。

追記:生物の実験では「歯科ピン」とも呼ぶそうです。業界が違うと呼び名も様々ですね。

*

いわずと知れた模型メーカーのTAMIYAには、タミヤクラフトツールというシリーズがあって、No.3ツル首ピンセット 74003 が良さそうです。ほかにもペーパークラフト用に開発されたというNo.80クラフトピンセット 74080というものもあります。

さすがのタミヤクォリティ、手頃な値段としっかりとしたつくり。黒く電着塗装された外身は質感も良く触り心地が滑らかで、親指へのあたりが非常に良いことから意味もなく手に取って撫でてしまいます(笑)。タンポ印刷されたタミヤのロゴも映えてます。160mm。つる首の角度はちょっと浅めでバネ強めです。

Tamiya_pin
クラフトツールシリーズNo.80クラフトピンセット 74080

強度の高いステンレスを使用した堅牢なつくりのピンセットです。幅広の先端部分は紙を面ではさんで接着させるのに向いていて、背側は直線の折り曲げに使えます。が、僕のペーパークラフトを作るのにはその先端部分が広いところがちょっと扱いにくいかなー。

*

ここまで紹介したピンセットはどれも大きな画材屋さんや文房具屋さん、模型屋さんなどでしか扱いのない商品なので、「ちょっとペーパークラフトでも始めてみよっかなー」という紙工作初心者には手に取りにくいものでした。インターネット通販でも手に入れられますが、一度どんなものか実物を見てみたいですよねぇ….。うーむ。
そう思っていた矢先、いいのを発見しちゃいましたよ!

ダイソー ザ・ピンセット 曲型 紙絵工作用
B-001 ピンセット No.2 驚きの110円!!

材質はステンレスで日本製、ちょっと小さめサイズの125mmですが女性やお子さんにはこっちの方が使いやすいかも。先端がまるく平らにつぶれているので紙を挟みやすいし。でもって全国のダイソーで買えるんですよ、110円で!
仕上げは値段相応(ちょいと華奢だったり端面にザラつきがあったり)ですが、1000番くらいの紙ヤスリで軽くヤスったら驚くほど触り心地よくなりました。噛み合わせのバラつきもあんまりなさそうだし、この価格なら、これはこれでいいものだと思います。
このピンセットシリーズ、まっすぐタイプのものや先端ギザギザタイプのものなど、何種類かあるので選ぶときには間違わないように注意して下さいね。あれば便利なんだろうけど、そこまで必要かなあ。と思っていた方も、ぜひお試しで使ってみてください。長さも手頃なので、ペンケースや道具入れにおさまりが良いのも◎です。

関連記事

  1. 道具のはなし(2)〜接着剤〜

  2. 道具のはなし(3)〜鉄筆〜

  3. 【ペーパークラフトブック】カブトムシ・クワガタムシ つくってみよう!実…

  4. 新・道具のはなし(1)〜はさみ〜

facebook

工作グッズ

PAGE TOP